保健師求人│数少ない求人情報を的確に見つける方法とは

保健師求人の上手な見つけ方

保健師の求人は数が少なく、タイミングが悪ければ見つけられない時もあるほどです。そこで保健師として働く職場を見つけるには、どのような方法で探せばよいでしょうか。

最も手っ取り早い方法はインターネットで保健師の求人を検索することです。ネットを使うことにより、自分では調べきれなかった求人を見つけることができますし、なにより自宅でゆっくりと吟味することができます。保健師について気付かなかった、知らなかったことが情報として得られます。

検索する際には、具体的な条件、たとえば就職したい地名や業種を入力してみましょう。もし「保健師」と「求人」だけの入力をして検索をかければ、必要のない情報までがヒットしてしまいます。その全部に目を通そうとすると、どうしても重要な情報を見落としてしまいがちになります。

まず自分が必要とする条件を整理しましょう。勤務地や勤務形態によって待遇面も変わってきます。自分が働ける時間の都合や、給与の最低ライン、また勤務場所の詳細。これらは求人情報サイトを利用すれば、詳細がわかります。

求人サイトとは、ネット上に設けられた就職活動に関する情報の提供を行っているサイトのことです。昨今はインターネットでなんでも調べられる時代ですし、利用されています。一般企業では、求人を自社サイトのみで掲載しているところもあるぐらいです。

ですからインターネットを利用しないということは、情報の幅や数が限られてしまいます。パソコンを使わずとも、携帯でもインターネットにつなぐことができますので、ぜひ活用しましょう。なお、保健師の求人情報は、地方に行く程その数が少なります。やはり人口が多い=求人数も多いとなるわけです。

求人情報サイトの他に、ハローワークを利用してみましょう。行政や保健所などの情報も掲載されることもあります。見落としがちな市町村の広報も、行政から臨時募集も掲載されています。保健師の求人の数はそれほどありませんから、自ら積極的に動き情報を取得できるよう努力しましょう。

看護師から保健師への転職に必要な事

保健師から看護師になることは、実務経験の有無により難しいのですが、では逆の場合はどうでしょう。保健師は看護学校や看護科を出て保健師の資格を取得後、すぐになることはできますが、行政からの求人には年齢制限を設けている場合があり、やはり若い方の採用率が高いようです。

看護師から保健師になる場合は、求人広告を見つけ次第トライするとよいでしょう。なぜなら看護師の求人は常にあふれていますが、保健師は離職率が少ないので、いつでも求人が出ていることはありません。保健師を求める職場自体が数少ないのです。

保健師になるためには、看護師としての臨床経験が必ず必要というわけではなく、充分な知識を得ていたなら、こなすことができる仕事です。同時に保健師としての実務経験を問われませんので、看護師から保健師に転職しようと考えている方には朗報なのではないでしょうか。

保健師は前述の通り、離職率が低いと言えます。そのため保健師にベテランが多く、定年後も活躍する場所があり、勤務形態も嘱託や非常勤とあります。もし保健師になる心の準備が必要でしたら、ベテランの保健師に仕事の相談やアドバイスを受けると良いでしょう。

保健師は健康指導という人を相手にする仕事です。つまりコミュニケーション能力が必要になってくるのです。そこでベテランの保健師には、相談だけでなく話すことで人とのコミュニケーションの取り方を学べます。

保健師の仕事内容は、こなすことで学んでいくことが多々ですが、コミュニケーション能力は一方通行では通用しませんし、人と接することでしか磨かれない能力です。

これから少子高齢化の影響により、保健師の仕事の幅は福祉にも多く向けられることになるでしょう。その時保健師の担っている役割が認識されれば、もっと需要も多くなるのではないでしょうか。

看護師から保健師になるために、一番の障害となるものは、実務経験でも知識でもなく求人をうまく見つけられる運と、採用されるだけの人材に自分がなれるかどうかのようです。

↑ PAGE TOP