仕事に不満を持っている看護師にも助産師がおすすめ

仕事に不満を持っている看護師にも助産師がおすすめ

看護師として働いていた際に助産師という仕事に触れ、助産師という職業に憧れを持っているという方も多いかもしれません。 ただ、どちらのほうがお給料が良いのかという問題はとても気になりますよね。

まず、助産師の資格を取るためには先に看護師の資格を取得しておく必要があります。 ここからわかる通り、助産師は看護師よりも上位の資格だといえるでしょう。
助産師の求人先、次はどんな職場で働く?

看護師が行う主な仕事といえば、医師のサポートです。 患者さんのケアなども担当することになるわけですが、自分自身で治療を行うというよりも、補佐的な役割の方がメインとなるため、どこに不満を感じている方もたくさんいます。

助産師の場合はどうなのかというと、自身で赤ちゃんを取り上げることができるため、大きなやりがいを実感できるでしょう。 将来的には独立開業することも可能となっているため、看護師の上位資格を探しているということであれば助産師も検討してみてくださいね。

給料の違いについてですが、助産師の資格を持っていれば例え看護師として働いている方であったとしても資格手当がつくのが一般的となります。 どこで働くかによって手当の金額は変わってくるものの、相場は月に5000円~10,000円前後となっているため、これだけでもかなり大きいですよね。

また、助産師不足の問題もあり、助産師を求めている病院や助産院ではかなりの好条件を提示しているところもあるようです。 給料だけでなく、福利厚生なども整っているところが多いため、給料のみにこだわって職場探しをするのではなく、そういったポイントもチェックしてみましょう。

どちらの仕事の方が働きやすいと言うことはできませんが、助産師の方が独立開業できる資格ということもあり、将来的には大きな可能性を秘めた職業だといえます。

赤ちゃんが好きな女性にとっては非常にやりがいのある仕事であるため、看護師よりも一歩上の資格取得を目指したいという方はぜひチェックしてみてください。

薬剤師バイト求人、製薬会社について

勤務先に製薬会社を視野に入れている薬剤師へ、 今回は製薬会社に勤めるメリットやデメリットについてお話します。

製薬会社の初任給は、他の薬剤師の業種と比べるとあまり良くありません。 しかし、伸びしろが一番期待できる業種でもあります。 上場企業を選んでしまえば、相当な給与アップもありえます。 長年勤務を続けていれば、海外転勤や単身赴任をさせられる事もあり、 転勤のコストもかかりますが、収入は上がります。

また、メーカーに勤めると、普通の病院や薬局と比べて、 賞与がかなり高いことも製薬会社のメリットといえるでしょう。 また、会社によっては、薬剤師手当が適用されたり(少額ではあるが)、 営業にまわるとさらに手当もあるので、内勤よりは収入は期待できます。

製薬会社勤めは、もちろん先に書いたように海外転勤などのリスクもありますが、 順調にいけばトータルでは最も稼げる選択肢だと思います。 会社の業績や、個人のスキル、社内での評価によりますが、 40代前後で年収1000万円を超える事も不可能ではありません。

ですが、どの企業でも、というわけにはもちろんいきませんので、 入社する際には、そのあたりはきちんと調べておく事が望ましいでしょう。 また、営業の場合は会社によってノルマ等が設定されていたり、 得意先とのやりとりもありますので、いろいろと大変な事もあるでしょう。 入社してしばらくのうちは苦労する事も多い事を忘れないでおいてください。

製薬会社への途中入社での転職は、経験やスキルが大きく問われます。 特筆するような経験や業績がないと、入社する事は難しいでしょう。 もし、製薬会社に入社したいのであれば、他で経験を積むんでから望むか、 営業関連(医薬情報担当者としての業務など)を視野に入れてみてください。

一概に製薬会社とはいっても、社内にいろいろな部署があると思いますので、 そのあたりについては、自分の実力や知識経験なども踏まえて、 転職サイトの担当者と相談してみましょう。

変わる薬局と薬剤師の需要

少し前までは、数をどんどん増やして病院やクリニックと提携し、囲い込み手法を主流に置いて展開していた調剤薬局も、今と昔では、少しスタンスが異なってきているように思います。もちろん、今でも大手や資本力のある薬局では、出店を増やしたり、調剤併設を増やして薬剤師を確保したりと、市場への影響力を高めようとしているところも多数存在します。

しかし、資本力のない薬局や中小の薬局では、大手に対抗する為に、色々な工夫を講じる事が増えて来ています。医師と同行し、患者の自宅で薬を処方する等、在宅に力を入れて、医師と共同で患者の治療にあたる薬局。介護施設と連携して、患者と密接な関係を持つ薬局。

こうした薬局も増えていく中で薬剤師にも、必要とされる能力が変化してきています。もちろん、通常の薬剤師としての能力があっての事ですが、営業経験や接客経験なども、今の薬剤師には重要なスキルというわけです。

従来、人との関係を持たなくてもいいという理由で薬剤師を目指す人もいましたが、今ではそれは通用しません。調剤をするにも接客が必要であり、最近では、営業も薬剤師がする場面も少なくありません。 営業に抵抗があるかも知れませんが、独立して調剤薬局の開設をするには、この「営業」という業務は避けては通れません。

薬剤師の仕事はソフトとしての機能がメインでしたが、現在はハード的分野も網羅できる薬剤師が求められているのです。調剤薬局やドラッグストアのスーパーバイザーはまさにその役割であり、それを薬剤師が務める事も少なくないのです。

逆を言えば、そのような分野でも薬剤師が活躍できるという事です。もう、淡々と調剤や製薬を行うだけが薬剤師の姿ではないのです。

転職サイトでは、営業やスーパーバイザー、薬局開設に携わるような薬剤師も紹介するケースも増えてきています。もちろん、そういった仕事は通常の調剤業務よりも高い収入が望めます。興味があれば担当者と相談してみましょう。

助産師のやりがい

助産師という仕事において最大の魅力は、なんといっても赤ちゃんの誕生という場面に立ち会えることにあるでしょう。 こういった仕事は多くないので、この点に魅力を感じて助産師を目指す方も多いです。

赤ちゃんが無事生まれてきてくれた時にはこの上ない喜びを感じることができるはず。 赤ちゃんが生まれる瞬間の喜びを妊婦さんと分かち合うこともできます。

産科の医師も同じような立場にありますが、基本的に医師というのは分娩の瞬間には立ち会うものの、それまでのサポートは助産師の仕事です。 そのため、妊婦さんからしてみれば医師よりも深い信頼関係で結ばれているのが助産師だと言えるでしょう。

赤ちゃんが生まれる前にはつらい陣痛がありますが、この時も支えてあげられる仕事です。 看護師でも出産の瞬間に立ち会うことは可能ではあるものの、看護師といえばかなりハードな仕事として知られていますよね。 特に総合病院などでは夜勤もあり、忙しい日々を送らなければなりません。

助産師の場合も総合病院で働くことは可能ですが、自分のライフスタイルに合わせて職場を変えることも不可能ではありません。 というのも、まだまだ助産師資格を持っている人が少なく、需要が非常に多いからです。

転職活動も難しくないので、自分に合った職場を探して働きやすいところへ転職してみてはどうでしょうか。

また、助産師には開業権も与えられています。 助産師は看護師や保健師と似たような仕事だと思われてしまうことがありますが、これらの仕事は開業権がありません。

助産師であれば経験を積み技術も磨くことで助産院を開業することもできるわけなので、高い目標を持って仕事をすることができるでしょう。 なかなか自分の考え方に合った助産所や病院を見つけることができずに悩んでいるということであれば、思い切って開業を考えてみるのもいいですね。

もちろん、お産というのは時に悲しい結果になってしまうこともあります。 ですが、無事に出産できた際に感謝されたり、笑顔をたくさん見ることができる職業であるため、やりがいは非常に大きいでしょう。

↑ PAGE TOP